お知らせ

「ふくしま市政出張講座(1学年)」が行われました。                    

 

 6月12日(水)、1年生を対象に「ふくしま市政出張講座」が行われました。これは、1年次の「総合的な探究の時間」における探究活動として、福島市の現状を理解し市の課題を自らの問題と捉えてその解決策についてリサーチすることになっていますが、今回はその探究活動のテーマを決定するための一助として行ったものです。

 講座では、福島大学 農学類 食農学類 准教授の則藤孝志先生と、政策調整部を始め福島市役所の各部署からの講師の先生方から、それぞれのテーマで講義をしていただきました。

 福島大学の則藤先生には、「福島大学 食農学類について学ぼう」というテーマで、「食」と「農」をつなぐ学問と最新の調査研究の状況について熱心にご講義いただきました。

 また、「福島市総合計画について」「福島市の防災対策について」「福島市における救急業務の状況について」「市税(税金)のしくみ」

さらには、「地域と学校の連携は人づくり・まちづくり」「福島市再生可能エネルギーの取り組み」「子どもの笑顔と未来のために ~子どもの発達支援~」「福島市の観光まちづくり」と、数多くのテーマで福島市の現状と課題等について詳しく説明していただきました。

 1年生たちは、前半と後半で違うテーマを2つ選んで、真剣に講座に取り組んでいました。講師の先生方、お忙しい中ご来校いただき、2回にわたるご講義をありがとうございました。

 「総合的な探究の時間」における「橘探究ゼミ」では、1年次はグループ研究になります。各グループで本日の講義を参考にして、身近な地域課題についてテーマを設定してください。 

 そして今後、「課題の設定」「情報の収集」「整理・分析」「まとめ・表現」という「探究活動のプロセス」を発展的に繰り返して、探究を深めていくことになります。

 年度末には、グループ発表会があります。1年生の皆さん、今後の探究活動、頑張ってください!