学校生活について

芸術鑑賞教室を行いました

10月28日(木)とうほう・みんなの文化センターで芸術鑑賞教室を行いました。今回は、劇団マグネットワールドによる「地雷探知犬 ニーナ」を全校生で鑑賞しました。非人道的な地雷の恐ろしさ、それに立ち向かう人々の勇気を演劇から感じ取りました。当日は施設のガイドラインに沿って、新型コロナウイルス感染症対策をしっかり行いました。

学問分野別講演会を実施しました

10月27日(水)2学年で、大学の先生を招くなどして11の専門分野による講演会を実施しました。8講座が対面、3講座がオンラインで、生徒たちは各専門分野に分かれて講義を受講しました。生徒の感想としては、「高校では広く浅く学ぶのに対して、大学では自分の興味のある分野を深く探究できると聞いて、大学に行くのが楽しみになりました」などのポジティブな感想が多く聞かれました。

主権者教育の一環で模擬投票を行いました

10月20日に1学年で先週の事前学習をふまえて模擬投票を行いました。

政見放送を視聴した後、仮想投票所で模擬投票を行い、選挙管理委員の生徒が開票作業を行いました。

生徒たちは、政治・選挙に関する知識を、実際に体験することをとおして学びました。

進路講演会(2学年)が行われました

10月13日(水)6,7校時の時間に、講師に佐々木敦斗氏(株式会社オーナー執行役員社長)をお招きし、「高校2年生の今、進路実現に向けて考えておきたいこと」の演題で実施しました。

「志願理由書の書き方」や「今後の学習についてのアドバイス」などの内容が話され、参加した生徒たちは、大学受験に向けた準備が始まったと実感したようでした。

選挙に関する模擬体験を行いました

10月13日に1学年で主権者教育の一環として選挙に関する模擬体験学習を行いました。

「未来の福島県知事選挙」の教材を活用し、次時の投票へ向けて選挙公報の読み比べを行いました。

生徒たちは、候補者の政権資料や新聞等を活用し、県の課題の現状と候補者の政権を比較・分析しました。

前期終業式が行われました

本校は、前・後期の二期制をとっており、9月30日に前期終業式を行いました。

併せて、全国高校総体(インターハイ)で3位に入賞した弓道部をはじめ、これまで表彰を受けた個人・団体の披露と賞状伝達が行われました。

新ALTのシアナ先生が着任されました

ALTケイトリン先生が帰国されたのに替わって、新たにシアナ先生をお迎えしました。

シアナ先生はアメリカカリフォルニア州のサクラメント市出身です。

着任式は本校英語部が企画進行し、校長先生の紹介もAll Englishで行われました。

スポーツ大会が開催されました

9月28日・29日の両日に校内スポーツ大会が開催されました。

秋晴れの中、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、フットサル、卓球、そしてクラス対抗リレーなどの競技に生徒も先生も汗を流しました。

基本的な感染対策を徹底し、競技観戦で密になることを避けるために、各競技をライブ配信するなど工夫して実施しました。

コロナ渦で全校生が顔を合わせて行う行事が少ない中、各クラスや学校全体の一体感が感じられ、大いに盛り上がりました。

先輩講話(2学年)が実施されました

9月15日(水)に、

東北大学 文学部、医学部保健学科、千葉大学 文学部、

新潟大学 法学部、宇都宮大学 農学部、山形大学 工学部、

宮城教育大学 教育学部、福島大学 経済学類、

福島県立医科大学 保健科学科、会津大学 コンピュータ理学部 から

本校のOGやOBが来校して、またはオンラインにより、大学生活や受験で心がけたことなどを話してしてもらいました。

生徒たちは、大学受験への心構えから大学で学ぶことについて興味深く聞きました。

たちばな祭(校内文化祭)を開催しました。

8月30日(月)、31日(火)の両日にたちばな祭を開催しました。

様々な制限のある中、文化祭実行委員や生徒会を中心に、生徒たちはクラス発表や部活動等で工夫しながら見事な発表を行いました。

本来ならば一般公開となる3年に1度の年でしたが、新型コロナウイルスの感染状況により校内発表となり、第1日目はとうほう・みんなの文化センターでのステージ発表、2日目は体育館から各教室へのライブ配信による映像発表を行いました。

準備から発表にかけて、会場や文部科学省のガイドライン等に従い、感染症対策を講じて実施しました。

第70回全国高等学校PTA連合会大会島根大会をオンラインでご覧いただけます

第70回全国高等学校PTA連合会大会島根大会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今年度は、オンラインでの大会となりました。

学校として参加申し込みをしましたので、全体会及び全ての分科会をオンラインによってPTA会員の皆様にご覧いただくことが可能です。

大会要項のデータをこちらでダウンロードできます。

ご利用の端末でぜひご覧ください。

お祝い  卒業証書授与式を挙行しました

令和3年3月1日(月)晴天の中、第72回卒業証書授与式を挙行しました。

今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、在校生は出席せず、保護者は一家庭お一人様までの参加とし、来賓は最小限としました。

式は、加藤校長から卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡し、終了後は3学年担任団を代表し平澤学年主任が保護者に挨拶を述べました。

卒業生の皆さん、保護者の皆様、おめでとうございました。

校長式辞はコチラ →  校長式辞(HP).pdf

2学年 探究実践「ポスターセッション」を実施しました。

令和3年2月24日(水)に2学年の探究実践において「ポスターセッション」を実施しました。

2年生が1年間かけて研究してきたテーマを1枚のポスターを使って10分間で説明しました。

2年生にとって貴重な経験ができたのではないでしょうか?

大変興味深いテーマが多く、1年生は2年生の発表に聞き入っていました。

たちばな展の開催

令和3年1月12日(火)13:00から1月17日(日)16:00まで

福島テルサ4Fギャラリーにおいて「たちばな展」を開催しております。

美術部の生徒の作品をご覧ください。

 

※ 感染症対策をして開催しています。

感染症対応のお知らせ

橘高等学校保護者 様 

 平素より本校の教育活動について御理解と御協力を賜り感謝申し上 げます。

 さて、福島市における感染者の急増を受け、福島市から「 福島市新型コロナ緊急警報」が発令され、 不要不急の外出自粛や年末年始の感染拡大の防止が求められました 。このことを踏まえ、 生徒及びその家族の安全確保について配慮するため、 福島県教育委員会より通知がありました。 本校として次のとおり対応することとします。

 

1 対象期間   令和2年12月22日(火)~令和3年1月7日(木)

2 対応内容

(1) 対象期間中、「感染リスクが高い学習活動」を行いません。

(2) 対象期間中、部活動は行わないこととします。

(3) 冬季休業期間中、1、2年生については登校しないこととし、 冬季課外は中止

         とします。ただし、 三者面談等が必要な場合は登校を可能とします。

  (4) 冬季休業期間中、3年生については、通知において学習・ 進路指導等が必要

         な場合、登校を可能とされていますので、冬季課外、共通テスト直前演習等は

         予定どおり実施します。

3 その他   現在のところ、年間行事計画のとおり1月6日(水) から冬季休業

                   明けの授業を始める予定です。

       状況が変わった場合は、一斉メール等でお知らせします。

                                                                                           橘高等学校長

鉛筆 学問分野別講義を実施しました

10月28日(水)に2学年の生徒を対象に「学問分野別講義」を実施しました。

五つの大学、12分野の先生方に、専門分野について講義をしていただきました。

生徒達は真剣な眼差しで講義に聞き入っていました。

知的好奇心をくすぐる素晴らしい講義をしてくださった先生方に、感謝申し上げます。

今年は、オンライン講義もあり、生徒達は大学生の気分?も味わえたのではないでしょうか。

動物 福島大学附属小学校6年生の学校見学

令和2年10月21日(水)、10月22日(木)、10月27日(火)の三日間、福島大学附属小学校の6年生が、クラス別に本校の学校見学をしました。

学校の概要説明と校舎見学、授業見学をし、本校1年生との質疑応答を行いました。

高校の授業を見学 図書館を見学

 校舎内を見ています。

屋上から福島の街を見ました。橘高校1年生との質疑応答橘高校1年生との質疑応答 

主権者教育

10月14日(水)1年生対象の「主権者教育」を実施しました。

加藤校長先生が講師となり、年代別投票率の問題や選挙の権利に関する意識等について、楽しく講義が行われました。

 

 

ピース スポーツ大会を実施しました。

9月29日(火)、30日(水)にスポーツ大会を実施しました。

コロナの影響で開催を延期しましたが、皆さんの尽力により無事開催でき、素晴らしい思い出ができました。